CAST


仲代達矢:父・不二男

1932年12月13日東京都生まれ。太平洋戦争が始まり9歳で父と死別。極貧状態のなか、母や弟たちのために様々なアルバイトに従事する。1952年、俳優座演劇研究所付属俳優養成所に第4期生として入所。千田是也に師事する。同期に宇津井健、佐藤慶、中谷一郎などがいた。養成所時代に黒澤明監督作『七人の侍』('57)のエキストラの浪人役でスクリーンデビューするも、ワンカットに半日かかる。黒澤監督からマンツーマンで侍の歩き方を教えられるが、そのために撮影が中断し、自分に映画は向いていないと屈辱を味わう。その後、イプセン作の戯曲「幽霊」の舞台で主役オスヴァル役を射止める。映画を諦めていたが、ラジオドラマのエキストラの際、主役の月丘夢路の目に留り、井上梅次監督作『火の鳥』('56)で月丘の相手役に大抜擢。翌年、小林正樹監督作『黒い河』('57)に出演、立て続けに撮影一年半、総上映時間が約10時間となる超大作『人間の条件』('59)に主演。専属契約が常とされる時代に一年の半分は芝居を続けたい、同じような役はやらないという信念から、専属俳優のオファーを全て断り、当時は使い捨てに近いフリーの俳優という立場を貫き通す。
その後もあらゆる映画会社の日本を代表する監督作品に出演。家城巳代治監督作『裸の太陽』('58)、市川崑監督作『鍵』('59~'61)、成瀬巳喜男監督作『女が階段を上がる時』('60)、黒澤明監督作『用心棒』('61)、木下恵介監督作『永遠の人』('61)、小林正樹監督作『切腹』('62)、黒澤明監督作『椿三十郎』('62)、堀川弘通監督作『白と黒』('63)、沢島忠監督作『股旅三人やくざ』('65)、豊田四郎監督作『四谷怪談』('65)、勅使河原宏監督作『他人の顔』('66)、岡本喜八監督作『殺人狂時代』('67)、小林正樹監督作『上意討ち・拝領妻始末』('67)、五社英雄監督作『人斬り』('69)、三隈研次監督作『座頭市あばれ火祭り』('70)、山本薩夫監督作『華麗なる一族』('74)、市川崑監督作『女王蜂』('78)、黒澤明監督作『影武者』('80)、五社英雄監督作『鬼龍院花子の生涯』('82)、黒澤明監督作『乱』('85)、高橋和男監督作『熱海殺人事件』('86)など多数。近作では、小林政広監督作『春との旅』('10)、斎藤潤一監督『約束・名張ぶどう酒事件死刑囚の生涯』('13)などがある。その間、テレビドラマや舞台公演も続けて出演。ゴーリキー作の戯曲「どん底」、シェイクスピア作の戯曲「リチャード三世」、イプセン作の戯曲「棟梁ソルネス」などで芸術選奨文部大臣賞、毎日芸術賞、紀伊国屋演劇賞、ほか数々の賞を受賞。1992年芸術文化勲章シュバリエ(フランス)、1996年紫綬褒章、2003年勲四等旭日小綬章など受章歴多数。2007年に文化功労者となった。1975年より、後進育成のための≪無名塾≫を亡き妻・宮崎恭子(女優、脚本家〔隆巴〕、演出家)と主宰。学費が無料であり、厳しい指導のなかから多くの実力派俳優を輩出してきたことから「劇団の東大」と称される。

北村一輝:息子・義男

1969年7月17日大阪府生まれ。幼少期に深作欣二監督作『蒲田行進曲』('82)に衝撃を受け、19歳で上京。エキストラなど下積みを経て、望月六郎監督作『皆月』('99)でヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞、そして上記の作品と共に三池崇史監督作『日本黒社会 LEY LINES』('99)でキネマ旬報・日本映画新人男優賞ならびにニフティ映画祭助演男優賞を受賞し、一挙に注目を集める。以降、映画・ドラマを中心に多彩な役柄を演じ強烈なインパクトを残す個性派俳優として活躍。望月六郎監督作『鬼火』('97)ではゲイバーのママ役のため新宿二丁目に通い、小松隆志監督作『JOKER 疫病神』('98)では迫真的なチンピラ役を演じた。
小林政広監督の作品には、初監督作『CLOSING TIME』('97)、第二作目の『海賊版=BOOTLEG FILM』('99)に出演し、『女理髪師の恋』('07)では思いを寄せる女性を監禁するも献身的な愛を尽くす主人公を演じている。 ほかの映画作品に、『女理髪師の恋』の前身であり、かつて実際に起こった事件を元に女子高生を誘拐・監禁した中年男性の病的純愛物語を描いた和田勉監督作『完全なる飼育』('99)、北村龍平監督作『あずみ』('03)、崔洋一監督作『血と骨』('04)、北村龍平監督作『ゴジラ FINAL WARS』('04)、林徹監督作『大奥 ~劇場版』('06)、人気ゲームの映画化で母を探す少女をたった1人で守り抜く孤独なヤクザを描いた三池崇史監督作『龍が如く 劇場版』('07)では主演を果たす。水田伸生監督作『舞妓Haaaan!!!』('07)、西谷弘監督作『容疑者Xの献身』('08)、細野ひで晃監督作『鈍獣』('09)、中村義洋監督作『怪物くん』('11)、古代ローマ人で次期皇帝候補のケイオニウスを演じた武内英樹監督作『テルマエ・ロマエ』('12)、伝説の暴走族の元総長を演じた熊切和嘉監督作『莫逆家族-バクギャクファミーリア-』('12)、妖怪人間たちの理解者である刑事役を演じた狩山俊輔監督作『映画 妖怪人間ベム』('12)、西谷弘監督作『真夏の方程式』('13)など、圧倒的な存在感から絶えず多くの監督から信頼を得ている。近年では、「天地人」(NHK大河ドラマ/'09)、「ATARU」(TBS/'12)などの人気ドラマの出演に加え、木村ひさし監督作『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE&THE LAST KILL』('13公開予定)、堤幸彦監督作『劇場版 SPEC〜結〜漸ノ篇,爻ノ篇』('13秋公開予定)、武内英樹監督作『テルマエ・ロマエⅡ』('14公開予定)、モー・ブラザーズ監督作『KILLERS』('14公開予定/日本・インドネシア合作映画)、ギャレス・エヴァンス監督作『ザ・レイド2 ベランダル(仮題)』('14公開予定/インドネシア映画)等の公開も控えている。

大森暁美:不二男の妻・良子

1936年1月8日宮城県生まれ。19歳の時にスカウトされたのがきっかけで日活に入社し、2年後にはNHKドラマ「バス通り裏」のレギュラー陣として出演。その後、テレビドラマで活躍。1962年版テレビドラマ「砂の器」へ出演、その42年後の2004年版テレビドラマ「砂の器」にも出演し、小林政広監督の監督デビュー作『CLOSING TIME』にも出演している。
主に60年代は活動の中心を舞台に移し、当時1年間に200本もの舞台をこなしていたこともある。結婚後の30代半ば、一時芸能活動を中断するも、近年ではテレビドラマ・CM・映画への出演も多く、お母さん女優として多岐に渡って大活躍している。
ドラマ作品に、「あぐり」(NHK / '97)、「ビューティフルライフ」(TBS / '00)、「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」(NHK / '02)、「こころ」(NHK / '03)、「幸福の王子」(NTV / '03)、「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」(NTV / '04)、「曲がり角の彼女」(CX / '05)、「てるてるあした」(EX / '06)、「風林火山」(NHK / '07)、「砂時計」(TBS / '07)、「今週、妻が浮気します」(CX / '07)、「松本清張・最終章 わるいやつら」(EX / '07)「マイガール」(EX / '09)、「花嫁のれん」(CX / '10)、「SPEC」(TBS / '10)、「悪党」(EX / '11)等がある。印象的な演技から、世間では芸名よりドラマの役柄の名前で呼ばれることが多い。
映画作品としては、暖かい家庭の愛情と希望につつまれながらすくすくと成長してゆく六人姉妹の長女節子に扮した東映児童映画の傑作、堀内甲監督作『六人姉妹』('59)、その続編・今泉善珠監督作『続六人姉妹』('62)、クレージーキャッツの大ヒット作で久松静児監督作『クレージー作戦 先手必勝』('63)、現代を生きる青年と甥っ子の交流をやさしく綴った東陽一監督作で主人公の母親に扮した『ボクの、おじさん THE CROSSING』('00)、落ちぶれたロックミュージシャンの母を演じた両沢和幸監督作『KEEP ON ROCKIN'』('02)、将来に悩む女子学生と自閉症の青年との小さな旅を綴った福田是久監督作『ぼくはうみがみたくなりました』('09)では道ずれになる老夫婦の妻を演じた。 舞台では『朝焼けのマンハッタン』『この子達の夏』『Naked―裸』等がある。

寺島しのぶ:義男の妻・とも子

1972年12月28日京都市生まれ。父に歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、父方の祖父は七代目尾上梅幸、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という、演劇・俳優一家に生を受ける。1992年に文学座に入団。蜷川幸雄、江守徹、久世光彦などに度々起用され、数多くの演劇賞を受賞。文学座退団後も舞台・テレビドラマで活躍。
猛禽のような凄い目の光を放つ謎の女に扮した荒戸源次郎監督作『赤目四十八瀧心中未遂』('03)、不眠、過食に悩む女性ルポライターに扮した廣木隆一監督作『ヴァイブレーター』('03) での演技が絶賛され、第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を始め、日本国内外で10以上の映画賞を受賞した。2008年には、シアタークリエ『私生活』の演技で第63回文化庁芸術祭賞(演劇部門・関東参加公演の部)優秀賞を受賞。2010年には、軍人の妻として肢体不自由な負傷兵の夫に献身的に尽くすが激しい愛憎を抱く主婦に扮した若松孝二監督作『キャタピラー』('10)で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭・最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。
その他に、青年との肉体関係に溺れていく主婦をリアルに演じた源孝志監督作『東京タワー Tokyo Tower』('05)、実母の富司純子演ずる和代役の若き日を演じた板倉真琴監督作『待合室』('05)、うつ病から自分自身を取り戻そうとする女性に扮した廣木隆一監督作『やわらかい生活』('06)、源孝志監督作『アキハバラ@DEEP』('06)、人妻でありながら作家と恋におちて情事にのめりこんでいく女性を演じた鶴橋康夫監督作『愛の流刑地』('07)、本木克英監督作『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』('08)、矢口史靖監督作『ハッピーフライト』('08)、プロデュース・制作までの全工程を東京芸術大学映像研究科生徒が手掛けた真利子哲也・遠山智子・野原位・西野真伊共同監督作『ラッシュライフ』('09)、佐藤祐市監督作『守護天使』('09)、荒戸源次郎監督作『人間失格』('10)、若松孝二監督作『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』('12)、御法川修監督作『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』('13)、若松孝二監督作の遺作となった『千年の愉楽』('13)、松本人志監督作『R100』('13)等に出演。実力派俳優として常に注目を浴びている。

backtop