解説


今をときめく人気K‐POPアイドルグループ“SHINee”のミンホが、演技初挑戦にして、初めての主役を務めた切なくも美しい珠玉のラブストーリーをDVD化!

『ピアニスト』は、2010年5月から11月まで24作が放送された“KBSドラマスペシャル”の中の1本。2大スターを主演に据えた本作はその最後を飾り、全作品中第3位となる視聴率を獲得した。放送後、視聴者からは映画化を熱望する声までもが寄せられたという。
ヒロインを演じたのは、モデル出身で“東京ガールズコレクション in 北京”に韓国代表として参加経験もあるハン・ジヘ。韓国で150万人を動員、第18回東京国際映画祭での上映チケットが45秒で完売したと言われる映画『B型の彼氏』や、週間視聴率ランキングドラマ部門19週連続1位(最高視聴率44.2%・平均35.4%)を記録した『憎くても可愛くても』といった大ヒット作で主役を張った売れっ子女優である。
年上の彼女と切ない恋模様を繰り広げるのがミンホ。彼が在籍するアイドルグループ“SHINee”は、12年4月からの日本ツアーで約20万人を動員したと言われるK-POPスターの中心的存在だ。ミンホは本作で演技に初挑戦。特訓の成果を生かしたピアノの演奏シーンやハン・ジヘとの甘いキスシーンも披露しており、その堂々たる役者ぶりには目を見張るものがある。
ままならない日々の中で夢を置き去りにして生きていく音楽教師と、溢れる才能を持ちながら修理工として働く若きピアニスト―本作は、そんな2人の切ない愛を、美しいクラシックの旋律に乗せて描いた、感動のラブストーリーである。

物語


30歳を目前に控えたインサは、非常勤講師として小学校でピアノを教えていた。契約が延長されなければ職を失ってしまうとあって、学校ばかりか児童や保護者の顔色も気になる、いささか窮屈な毎日だった。そんななか、5年も付き合ってきた恋人のジョンウが、両親の薦める女医とお見合いをすることに。彼の自分本位な口振りに傷つき、頭に血が上ったインサは別れを宣言すると、車の助手席から滑り出るのだった。走り去るジョンウの車。やがて、裸足で立ち尽くすインサを追い越すようにしてトラックが停まった。ドアを開けて降りてきたのは、若きピアノ修理工・ゼロ―彼はインサの姿に見覚えがあった…。

キャスト・スタッフ


ハン・ジヘ
『チャクペ~相棒~』『憎くても可愛くても』
ミンホ
『美しい君へ』『サンショウウオ導師と恋まじない』
チェ・フィリップ
『ミステリー刑事』『憎くても好き』
チョ・ヒボン
『根の深い木~世宗大王の誓い~』『ドリームハイ』
チーフ・プロデューサー
ムン・ボヒョン『空くらい地くらい』『悲しみよ、さようなら』
プロデューサー
ハム・ヨンフン
演出
ムン・ジュンハ『ファン・ジニ』『シンデレラのお姉さん』
脚本
パク・ウニョン『ちょっとエッチな私たちの恋愛』『オペラが終われば』
撮影
ハン・ドンヒョン『二度目のプロポーズ』『クァンキ』
編集
キム・ナヨン『彼とわたしの漂流日記』
美術
チェ・ヒョンソ『ヘアーショー』
音楽
チェ・インヒ『ドラゴン桜〈韓国版〉』
照明
イ・ジェドン

DVDを購入する

facebookページへ Twitterへ