解説


これぞ“武侠の原点”!
公平無私の名臣・包拯と義に厚い侠客たちが数々の事件を暴き、巨悪に正義の裁きを下す!!

「七侠五義」は1889年に中国で出版された小説で、講談をまとめた「三侠五義」に兪樾が筆を加えたもの。裁判記録を基にした、いわゆる“公案小説”で、北宋の賢臣・包拯とその手足となって働く義賊たちの活躍が描かれている。現在では金庸・梁羽生・古龍らによって大きく花開いた武侠小説というジャンルの原点に位置づけられる重要な作品だ。中華圏での包拯の人気は「三国志」の英雄・関羽や諸葛孔明にも並ぶほど。1974年に台湾で放送が始まった初のドラマ化作品『包青天(原題)』は、実に350話にも及ぶ長大なシリーズとなった。
本作で実在した名臣・包拯を演じるのは、台湾のアカデミー賞といわれる金馬奨で最優秀主演男優賞を受賞した経歴を持つ名優 アレックス・マン。企画に惚れ込んだ彼は、本作の脚本が完成するまで他のオファーを断り続けたという。共演には、ドニー・イェンに勝るとも劣らない実力を誇るアクションスターのチウ・マンチェクや、ブルース・リーの諸作から近年の武侠ドラマまで長年活躍するトニー・リュウといったベテラン勢、日本でも放送された『織姫の祈り』の若手女優 シュー・チーウェンなどなど、バラエティに富んだ顔ぶれが揃った。キャストとのミーティングを重ね、約3年の月日をかけて練り上げられた脚本は、出演者も絶賛する出来栄え。その脚本を『スウォーズマン』シリーズなどで知られる武侠映画・ドラマの第一人者 レイモンド・リーが、心躍る活劇巨編に仕上げた。

物語


宋の都・開封を夜な夜なさすらう幽霊たち。白い装束を纏って黄色の紙銭を撒きながら歩む“それ”は、弔いの列に見えた。人々は相次ぐ幽霊騒動に恐れをなし、近頃では夜ともなると都はひっそりと静まり返っている。事態を重く見た朝廷の高官・龐吉(ほう・きつ)は、息子の龐涛(ほう・とう)に幽霊の討伐を命令。やがて、龐涛は兵たちと共に幽霊の葬列を取り囲むが、斬りかかろうとするや否や、その姿は煙のように消え失せたのだった。そんなある夜、開封の長官職たる“開封府尹”に着任することとなった包拯(ほう・じょう)と2人の従僕が都に到着する。人通りの途絶えた街並みに戸惑う3人。彼らの前にもまた、幽霊が現れた。そこへ剣を携えた人影が。彼は見事な剣さばきで攻め立て、幽霊を追い詰めるが…。

シリーズキャスト


アレックス・マン(萬梓良)
『いますぐ抱きしめたい』『愛と復讐の挽歌』
チウ・マンチェク(趙文卓)
『運命の子』『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』
コウ・ジェンハイ(寇振海)
『エンプレス-運命の戦い-』『大旗英雄伝』
ワン・トンフイ(王同輝)
シュー・チーウェン(徐麒雯)
『織姫の祈り』
チン・イエン(秦焰)
『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』『捜査官X』
フオ・ジェンイエン(霍政諺)
『剣武侠侶』
フー・イーウェイ(傅芸偉)
ウー・チェンチェン(鄔倩倩)
『天外飛仙~The Little Fairy~』
リウ・ウェイホァ(劉衛華)
『争覇 越王に仕えた男』『游剣江湖』
トニー・リュウ(劉永)
『流星胡蝶剣』『大旗英雄伝』
スイ・ユーヤン(隋抒洋)
チェン・シャオフェイ(陳笑非)
チェン・チューハン(陳楚翰)

シリーズスタッフ


監督
レイモンド・リー(李恵民)『流星胡蝶剣』『スウォーズマン/剣士列伝』、バイ・ユンモー(白雲默)
原案
フォン・ハイ(馮海)
プロダクション
デザイン
シー・ハン(史航)
脚本
フォン・ハイ(馮海)、シー・ハン(史航)『射鵰英雄伝』、マー・リン(馬琳)
撮影
グアン・ジエンション(管建雄)『画皮 千年の恋』『倚天屠龍記』、カー・ウェンロン(柯文龍)
衣装デザイン
ウー・ジエン(伍健)『大漢風 項羽と劉邦』
音楽監督
クラレンス・ホイ(許願)『食神』『君さえいれば/金枝玉葉』
アクション監督
リー・レイ(李磊)
編集
ガオ・ラオ(高佬)

DVDを購入する

facebookページへ Twitterへ