INTRODUCTION


幅広い世代、それぞれの“あの頃”の記憶を呼び起こし、
台湾、香港でナンバーワン超級ヒット!

2011年、ほぼ無名のキャストながら、台湾で社会現象を巻き起こす大ヒットを遂げ、香港では、チャウ・シンチーの『カンフー・ハッスル』の記録を塗り替えて、中国語映画の歴代興収ナンバーワンを記録。同年、東京国際映画祭での上映により、日本でも熱狂的ファンを生んだ本作が、満を持して劇場公開されます!
台湾中西部の町、彰化しょうか。頭の中はアレでいっぱい。将来のことを真剣に考えたこともない高校生コーチンと、個性豊かな仲間たちは、くだらない悪戯で授業を妨害する毎日を過ごしていた。担任からお目付け役を仰せつかった女生徒シェンを疎ましく思いながらも、次第に胸がざわつき始め…。
時代背景は、1994年から2005年までの約10年間。「SLAM DUNK」に夢中になっていた高校生たちは、日本のAVを回し見する大学生になり、やがてそれぞれの道を歩み始める社会人へ。登場人物たちの成長と共に、学生寮の公衆電話に並ぶ長い列は消えて、誰もが携帯で話すようになり、いくつかの大きな事件に世の中は揺れ、ヒット曲も入れ替わってゆく。そんな時代の空気を丁寧にすくい取ることで、あらゆる世代の観客に“あの頃”を思い起こさせたことが、大ヒットの要因と言えましょう。

あの時、喧嘩しなければ・・・。あのひとことを告げていれば・・・。
ハッピーなパラレルワールドが繰り広げられるラストに、涙腺は決壊!

「男子ってバカみたい」、「女子って分かんねー」。
いつだって、男よりも女のほうが一足先に大人になるのが、この世の常。グループ交際の域をなかなか出られない柯騰(コートン)と沈佳宜(チアイー)は、別々の大学に進学して離ればなれに。おまけに、ささいな行き違いが生じるわ、親友の抜けがけするわ…と、前途多難。それもこれも、“だいじなひとこと”が言えない柯騰のせい。煮え切らない彼が、勇気をふり絞るのには、あまりにも時間がかかり過ぎて…。
そして10年後のある日、沈佳宜の電話によって再会した仲間たち。はたして、柯騰の起死回生、一発逆転はあるのか?
アッと驚く結末を、観客は笑いと涙で迎えることになるでしょう。

ベストセラー作家 九把刀ギデンズ・コーが、自伝的小説を自ら監督。
本作から人気スターが続々誕生!

気の合う仲間たちと、うだうだ過ごす日々。眠い授業の最中、教室の窓から射す眩しい光。髪型を変えて急に綺麗になった女の子…。
誰の心にもある、“あの頃”の記憶を散りばめ、青春映画の新たな傑作を誕生させたのは、台湾の人気作家ギデンズ・コー。長編映画、初監督とは思えぬ手腕を見せ、金馬奨・最優秀新人監督賞にノミネート。柯騰役クー・チェンドンは金馬奨・最優秀新人俳優賞を受賞、沈佳宜役のミシェル・チェンも最優秀女優賞にノミネート、本作の大ヒットにより瞬く間にスターの座に駆け上がり、今や主演作が相次ぐ人気スターとなりました。

backtop