STORY


触れたい。感じたい。ただ、愛されたい。
あなたの恋する本能を刺激するセンセーショナルなラブストーリー

“婚外情事”に関する論文を準備中の大学教授ヘジョン、40歳。夫とは冷め切った関係だが、教授としての世間体から理想の夫婦を演じている。ある日、ヘジョンの研究室に論文作成の助手として21歳の男子学生ウサンがやってくる。若くて魅力的なウサンに惹かれていくヘジョン。婚外情事を経験した女性たちの赤裸々な体験談を取材するうちに、その想いはどんどん高まっていく。忘れていたときめき、疼きだす体。しかし、若い彼に自分が受け入れられるはずがないと気持ちを押し込もうとする。一方、ウサンにはヘジョンに知られたくない秘密があった…。

INTRODUCTION


各国の映画祭で注目を浴びた新世代の女性監督が描く、40代女性の恋と性のリアル
韓国インディペンデント映画界から誕生した純愛映画の傑作!

ヘジョンを演じるのは、ドラマ『人魚姫』や『妻の誘惑』などで主演を務める韓国の実力派女優チャン・ソヒ。磨きぬかれた確かな演技力で、内面の脆さを巧みに表現している。“ジキルとハイド”のような2つの顔を持つ男子学生ウサン役には、ドラマ『屋根部屋のプリンス』などで人気急上昇の肉体派若手俳優チョン・ソグォンが抜擢された。愛らしい表情とは裏腹に、ダンスシーンやシャワーシーンで見せる見事な肉体美は観る者の心を掴んで離さない。

監督を務めたのはロンドンの名門映画学校NFTS(英国国立映画テレビ学校)を卒業した新世代の映像作家イ・ヨンミ。初の長編作品ながら、女性監督だからこそ描けた40代女性の恋や性に思い悩むリアルな姿に、マイアミ国際女性映画祭、モスクワ国際映画祭、モントリオール国際映画祭などで高い評価を受け、LA国際女性映画祭 長編部門では最高賞「2012 BEST OF FESTIVAL」を受賞。本作では、コピー機とデジタルカメラという主人公の身近にあるモノの目線を通して2人の秘密が語られていくという独創的な手法を用い、人間の内面や心の奥底にある欲望を描くことに成功している。
年齢に関係なく輝きを求め続ける現代女性に贈る、新たなる純愛映画の傑作が誕生した!

<映画祭参加歴、受賞歴>

2012年LA国際女性映画祭 長編部門「2012 BEST OF FESTIVAL」受賞
第33回 モスクワ国際映画祭 パースペクティブ部門 正式出品
第35回 モントリオール国際映画祭 正式出品
第12回 全州国際映画祭 正式出品
2012年 ダラス国際映画祭 正式出品
第5回 マイアミ国際女性映画祭 正式出品
第9回 ボストン国際映画祭 正式出品
第11回 シネアジア映画祭 正式出品
第36回 クリーブランド国際映画祭 正式出品
第28回 ロサンゼルス・アジア・パシフィック映画祭 正式出品

backtop