キャスト


高橋愛 辛島彩音 役

1986年9月14日生まれ。福井県出身。
01年に行われた<モーニング娘。LOVEオーディション21>にて第5期メンバーとして合格し、約10年在籍。第6代目リーダー及びHello!Projectのリーダーとして活動。11年の卒業後は以前から目指していた演技の仕事に力を入れる。主な出演作に大河ドラマ「平清盛」(NHK)、「実験刑事 トトリ2」(NHK)、映画『シェアハウス』(11)、映画『恐竜を掘ろう』(13)など。舞台やミュージカルの出演も多く、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(12)、「メリリー・ウィ・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~」(13)などに出演。
13年8月に行われたミュージカル「赤毛のアン」では主演のアンを演じ、本年の同公演でも主演を務める等、活躍の場は幅広い。

海東健 稲積智也 役

1979年4月5日生まれ。東京都出身。
01年の「2001年のおとこ運」(CX)で俳優デビュー。同年NHK朝の連続テレビ小説「ほんまもん」でヒロインの相手役を好演した。その後、NHK大河ドラマ「義経」(05)、「女系家族」(05/TBS)、「14才の母」(06/NTV)、「ハチミツとクローバー」(08/CX)等の多数のテレビドラマに出演。04年には大ヒット作『海猿 UMIZARU』にて準主役で映画初出演を果たす。その後の主な映画出演作に『村の写真集』(05)、『ネコナデ』(08)、『カムイ外伝』(09)、『武蔵野S町物語』(12)、『ファイナルジャッジメント』(12)、『黒執事』(14)など。

浅田美代子 辛島清子 役

1956年2月15日生まれ。東京都出身。
TBSの国民的テレビドラマ「時間ですよ」でデビュー。挿入歌「赤い風船」の大ヒットで一躍人気アイドルとなり、その年の日本レコード大賞で新人賞を受賞。その後も人気ドラマ「寺内貫太郎一家」に出演。NHK朝の連続テレビ小説「さくら」(02)、NHK大河ドラマ「新撰組!」(04)、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」(14)、「僕のいた時間」(14/CX)などのドラマで多彩な役柄を演じる。映画デビューは、73年『ときめき』。『しあわせの一番星』で初主演を飾る。91年の山田洋次監督『息子』では新境地を見せ、94年からは『釣りバカ日誌』シリーズに出演。近年の作品では『さいはてにて』(14)、『0.5mm』(14)など多数。映画界にも欠かせない女優となっている。

石丸謙二郎 辛島隆輔 役

1953年11月1日生まれ。大分県出身。
78年、つかこうへい事務所の舞台「いつも心に太陽を」で俳優デビュー。以降、テレビ、舞台、映画と活躍するほか、87年より「世界の車窓から」(EX)のナレーターを務めるなど活動の場は多岐にわたる。近年の主な出演作に、『ゴールデンスランバー』(10)、『仮面ライダー電王シリーズ』(07~)、『種まく旅人~みのりの茶~』(12)、『HESOMORI-ヘソモリ-』(12)などがある。

中村ゆうじ 島津昭泰 役

1956年7月8日生まれ。福岡県出身。
75年に劇団「テアトル・エコー」に入団。パントマイマー「ロルフ・シェレ」との出会いによりパントマイムに目覚める。85年に大竹まこと、斉木しげる、きたろう、竹中直人、いとうせいこうらと結成したギャグユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」に参加し活躍。87年にパントマイム修行の為、パリに渡航。帰国後ソロ公演活動を開始。映画、ドラマ、舞台からバラエティまで幅広く活動している。主な映画出演作に『さまよう刃』(09)、『ちょんまげぷりん』(10)、『女たちの都~ワッゲンオッゲン~』(12)、『100回泣くこと』(13)など。瀬木直貴監督作品への出演は『ラーメン侍』(11)に続き2作品目となる。

ダンテ・カーヴァー ランディ・ジャクソン 役

1977年1月17日生まれ。ニューヨーク出身。
04年に来日。05年より日本での活動を開始し、07年より放送されているテレビコマーシャル「白戸家(ホワイトけ)シリーズにて兄・白戸小次郎役で出演。08年度タレント好感度調査で男性部門1位、09年CM好感度調査で1位を獲得するなど人気を博している。

プリンセス・アプラク シャーリー 役

2007年 9月5日生まれ。ガーナ出身
本作が初めての映画出演にして、物語で重要な役となるシャーリー役を射止めた。体が柔らかく、特技は体操。現在は日本在住で小学校に通っている。

菜 葉 菜 渡辺那美子 役

映画『YUMENO』で初主演し、その強烈な個性で一躍脚光を浴びる。以来、映画を中心に活躍。その後も『夢の中へ』(園子温監督)、『ハッピーエンド』(主演・山田篤宏監督 オースティン国際映画祭最優秀観客賞、シカゴ映画祭グランプリ)、『ヘヴンズストーリー』(瀬々敬久監督 ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、最優秀アジア映画賞)など次々に映画に出演。2012年公開の主演作『どんずまり便器』ではゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて最優秀主演女優賞を受賞した。近年の作品に『孤高のメス』(成島出監督)、『カイジ2』(佐藤東弥監督)、『余命一カ月の花嫁』(廣木隆一監督)、『おしん』(冨樫森監督)、『ヨコハマ物語』(喜多一郎監督)など。NHK朝の連続ドラマ小説「純と愛」でもその個性が注目された。

渡辺美佐子 辛島そめ 役

1932年10月23日生まれ。東京都出身。
『ひめゆりの塔』(53/今井正監督)で映画デビュー。第9回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞した『果てしなき欲望』(58/今村昌平監督)など多くの日活作品に出演。1982年から2010年の28年間で通算648回、一人芝居「化粧」・「化粧 二幕」を上演。97年には紫綬褒章、04年には旭日小綬章を受章。映画出演は100本以上。瀬木直貴監督作品への出演は、『果てぬ村のミナ』に続いて2本目。近年の主な出演作に、『ウルトラミラクルラブストーリー』(09)、『しあわせのパン』(12)、『舟を編む』(13)。

backtop