スタッフ


瀬木直貴 監督

1963年、三重県出身。
立命館大学を卒業後、プロダクション勤務を経てフリーへ。映画監督/TV・CFディレクター/エッセイ・コラムの執筆/環境・人権に関する講演活動、各地のまちづくりアドバイザーも務め、活躍の場は多岐にわたる。自然や地域コミュニティーをモチーフにした作品に定評がある。


主な作品

2001 『坂の上のマリア』
2003 『いずれの森か青き海』
2004 『千年火』
東京国際映画祭RIFF2004 正式出品
第11回 京都キンダーフィルムフェスティバル グランプリ受賞
韓国高揚国際子ども映画祭・テルアビブ映画祭・イスファハン国際映画祭ほか 式出品
ベルリン国際映画祭55thキンダーフィルム部門 正式出品
2007 『Watch with Me~卒業写真~』
2008 『春色のスープ』
第20回全国生涯学習フェスティバル記念事業
平成21年度児童福祉文化賞推薦作品
厚生労働省特別推薦
2011 『ラーメン侍』
2012 『Good Luck~恋結びの里~』
2012 『果てぬ村のミナ』
2013 『ROUTE42』

山田耕大 脚本

1954年愛知県生まれ。脚本家。
東京大学を卒業後、日活株式会社に入社し、企画者として『赫い髪の女』をはじめ多くの日活ロマンポルノ作品に携わる。退社後、製作会社メリエスを設立。『家族ゲーム』、『木村家の人々』、『私をスキーに連れてって』、『リボルバー』、『噛む女』、『ザ・中学教師』など数多くの映画・テレビ作品のプロデューサーを務め現在は執筆活動に専念。日本シナリオ作家協会・常務理事、大阪芸術大学・客員教授。主な脚本作品に、『クロスファイア』(00)、『鉄人28号』(04)、『マリと仔犬の物語』(07)、『あの空をおぼえている』(08)、『死にゆく妻との旅路』(11)、『おしん』(13)など。

長岡成貢 音楽

1961年 三重県出身。作曲家、編曲家、プロデューサー。
独学で作曲を学ぶ。突出したヒット・メーカー&サウンド・プロデューサーとして中島美嘉、EXILE、SMAP、CHEMISTRY、MISIAなど数多くのアーティストの作曲、編曲、プロデュースをする傍ら、映画、ドラマ、アニメなどの映像作品を数多く手掛ける。出身地である三重県/伊勢志摩をこよなく愛し、伊勢斎王のテーマである「斎王の舞/斎宮物語」なども手掛ける。また、Seikou Nagaoka名義でアルバムを国内外に発表するなど、ソロアーティストとしても精力的に活動中。映画・ドラマ代表作に、クリスティーナ・ヤオ監督『EMPIRE OF SILVER/白銀帝国』(09/第59回ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門、ハワイ国際映画祭グランプリ、南アパラチア国際映画祭2010ー最優秀作曲賞〈Best score〉)、「TBS日曜劇場 JIN-仁-」(09)、佐藤 純彌監督『桜田門外ノ変』(10)、吉村芳之監督『劇場版テンペスト3D』(12)、NHK BSプレミアムドラマ「ヤアになる日」(12)、錦織良成監督『渾身 KON-SHIN』(13/モントリオール国際世界映画祭出品)などがある。

backtop