STAFF


ツイ・ハーク 監督・脚本・製作

1950年2月15日生。
ベトナム・サイゴン出身。66年に香港からアメリカに渡り、テキサス州立大学で映画を学ぶ。77年に香港に戻り、TVBなどのテレビ局で、脚本・演出を手掛けた後、79年『蝶変』で映画監督デビュー。83年にワイヤーアクションとCGを融合した『蜀山奇傳/天空の剣』で世界に衝撃を与える。翌年には製作会社「電影工作室」を設立し、『男たちの挽歌』『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』『スウォーズマン』などの人気シリーズを次々プロデュース。斬新なテーマと多くのスターを発掘したことで、“香港のスピルバーク”と称された。その後、ハリウッド進出し、『ダブルチーム』(97)、『ノック・オフ』(98)などを監督。その後、不振も囁かれたが、10年の『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』で香港電影金像奨の最優秀監督賞を受賞。以来、『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(11)、本作とメガヒットを連発する。

ユエン・ブン アクション監督

中国・上海出身。
8歳のときに、中国戯劇学院に入学し、ジャッキー・チェン。サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウらと知り合う。その後、70年代初頭から映画界に進出し、スタントマンからアクション監督を務めるようになる。兄弟子サモ・ハンと共同で担当したシリーズ前作『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』(10)などのツイ・ハーク作品のほか、『マッスルモンク』(03)、『ブレイキング・ニュース』(04)、『柔道龍虎房』(04)など、ジョニー・トー監督作も多く手掛けており、これまで100作近くの作品を担当。また、人気シリーズ4作目『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ IV/天地覇王』(93)やユン・ピョウ主演作『香港麻薬捜査官』(95)では監督を務めている。

川井憲次 音楽

1957年4月23日生。
東京都出身。東海大学工学部原子力工学科を中退後、ギタリストとして活動。86年、押井守監督作『紅い眼鏡』で映画デビュー。その後も「機動警察パトレイバー」(TVシリーズ、OVA、劇場版)、『攻殻機動隊GHOST IN THE SHELL』(95)など、数多くのアニメのほか、ゲームにも音楽を提供。また『リング』(98)、『アヴァロン』(01)、『デスノート』(06)、『GANTZ』(11)などの日本映画の大作・話題作にも参加。08年には、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』で第41回シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀映画音楽賞を受賞。さらには、海外監督からオファーを受け、フランス映画『ブラッディ・マロリー』(02)、韓国映画『美しき野獣』(06)、香港映画『イップ・マン/序章』(08)、香港映画『楊家将』(13)なども担当する。ツイ・ハーク監督作には、05年の『セブンソード』以来の2度目の参加となる。

backtop