STAFF


監督・脚本・撮影・編集・製作総指揮:キム・ギドク

【プロフィール】

1960年生まれ。パリでアートを勉強した後、韓国に帰国し、脚本家としてのキャリアをスタートさせる。1996年に低予算映画『鰐~ワニ~』で監督デビュー。それ以降、その難解なキャラクター、衝撃的な映像、他に類を見ないメッセージで、批評家と観客から称賛されている。『サマリア』(2004年ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)受賞)、『うつせみ』(2004年ヴェネチア国際映画祭にて銀獅子賞(監督賞)受賞)、『アリラン』(2011年カンヌ国際映画祭にてある視点賞受賞)など、世界的に評価の高い作品を手掛け続けてきた。とりわけ、『嘆きのピエタ』は2012年ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞を受賞した。2013年には再び、『メビウス』がヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門に出品された。

【キム・ギドク監督 メッセージ】

映画の冒頭で殺される女子高生オ・ミンジュとは誰なのか?観客それぞれの“殺されたオ・ミンジュ”が存在するだろう。
それがどんな人物であれ、観客はこの映画を見終えるために、自分自身のオ・ミンジュを存在させなければならない。
それから、結末を受け入れるか、あるいは否定することになるだろう。
もし殺された者の気持ちを知っているなら、この映画を見る必要はない。
きっと理解してくれる人がいるだろうと信じて、この映画を撮った。
理解してもらえなくても、どうすることもできない。これが現状で、現在の私たちの姿なのだから。

【フィルモグラフィー】

1996 鰐(ワニ) (Crocodile)
1997 ワイルド・アニマル (Wild Animals)
1998 悪い女 青い門 (The Birdcage Inn)
2000 魚と寝る女 (The Isle)
第57回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門
第19回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭金の大鴉賞(グランプリ)
2000 リアル・フィクション (Real Fiction)
2001 受取人不明 (Address Unknown)
第58回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門
2001 悪い男 (Bad Guy)
第16回福岡アジア映画祭グランプリ
第35回シッチェス・カタロニア国際映画祭オリエント急行賞
2002 コースト・ガード (The Coast Guard)
第38回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭FIPRESCI賞・NETPAC賞
2003 春夏秋冬そして春(Spring, Summer, Fall, Winter…and Spring) (Crocodile)
第24回青龍映画賞(韓国)最優秀作品賞
第41回大鐘賞映画祭(韓国)最優秀作品賞
第51回サン・セバスティアン国際映画祭観客賞
2004 サマリア (Samaritan Girl)
第54回ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)
2004 うつせみ (3-Iron)
第61回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)・FIPRESCI賞
第9回釜山国際映画祭NETPAC賞
2005 弓 (The Bow)
2006 絶対の愛 (Time)
第42回シカゴ国際映画祭プラーク賞
2007 ブレス (Breath)
2008 悲夢 (Dream)
第27回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭
オービット・コンペティション・グランプリ
2011 アリラン (Arirang)
第64回カンヌ国際映画祭<ある視点>部門 最優秀作品賞
2011 アーメン (Amen)(未)
2012 嘆きのピエタ (Pieta)
第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞
第49回大鐘賞映画祭 (韓国) 主演女優賞(チョ・ミンス)・審査員特別賞(キム・ギドク)
第32回韓国映画評論家協会賞(韓国)
最優秀作品賞・監督賞(キム・ギドク)・主演女優賞(チョ・ミンス)・国際批評家連盟賞
第6回アジア太平洋映画賞審査員大賞(チョ・ミンス)
第13回東京フィルメックス観客賞
第33回青龍映画賞(韓国)最優秀作品賞
第17回サテライト・アワード 外国語映画賞
第9回ドバイ国際映画祭 アジア・アフリカ長編コンペティション部門 最優秀監督賞
2013 メビウス (moebius)
第70回ヴェネチア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門出品

backtop