STORY


国籍不明、言葉も名前も持たない謎の男――
見る者すべてを震撼させる、心臓を射抜く衝撃作!

正体不明の男は38度線を飛び越えてソウルとピョンヤンを行き来し、3時間以内に何でも配達する。運ぶのは、離散家族の最後の手紙やビデオメッセージ。 北朝鮮製の煙草・豊山犬を吸うことから、男は“プンサンケ”と呼ばれていた。 ある時、韓国に亡命した北朝鮮元高官の恋人イノクをソウルに連れてくるという依頼が舞い込む。いつものように北朝鮮に潜入したプンサンケは、無言のままイノクを連れ出し38度線へ。 凍てつく寒さに耐えながら、2人は裸で川を渡り体に泥を塗って身を隠す。何度も命の危険にさらされるうち、プンサンケとイノクは互いに言い知れぬ感情を抱くようになっていた。 無事イノクを引き渡したプンサンケだったが、依頼者で実は韓国情報員である男たちの裏切りにあい拘束されてしまう。

「おまえは北と南、どっちの犬だ」

卑劣な拷問にも決して口を割らないプンサンケに、韓国情報員はある危険な提案をする。 それは、北朝鮮に捕らえられた情報員のひとりを救い出すという条件で、イノクと共に国外へ脱出するチャンスを与えるというものだった。 そんななか、亡命した元高官を暗殺するためソウルにいた北朝鮮工作員までもが介入し、イノクに危険が迫る。 北と南の思惑に利用され全ての道が閉ざされたプンサンケは、ある決意を秘め、韓国情報員と北朝鮮工作員を一人また一人と密室に閉じ込めていく。 密室で対峙する北と南。そして、投げ込まれた拳銃…。 欲望、偽善、不信、憎しみが絡み合い、予測不可能な衝撃の展開が幕を開ける…。

INTRODUCTION


世界三大映画祭を制したキム・ギドクが分断国家に放つ痛烈なメッセージ
全キャスト、スタッフが無報酬での参加を即決!

脱北者の無残さを描き日本全土に衝撃を与えた映画『クロッシング』から、3年。北と南、そしてそれを取り巻く国々は依然、何も変わろうとしていないようだ。 自由に行き来できるのは鳥たちだけ――そう歌われる「イムジン河」のように…。 ふたつの国家を分かつ38度線は多くの悲劇を生んできた。そこを境に人々が分け隔てられ、北か南かに分類されてしまうという不条理な現実を痛烈な皮肉をもって突きつけた、 韓国映画界の異端者キム・ギドク。3年の沈黙を破り書き上げたシナリオに心打たれた主演俳優のユン・ゲサン、キム・ギュリをはじめとする全ての俳優とスタッフは無報酬での参加を決め、 極寒での過酷な撮影に挑んだ。日本からも盟友キム・ギドクとの約束を果たすためオダギリジョーがカメオ出演している。

韓国映画界を担う新たなる若き才能が爆発!

監督はキム・ギドクの『絶対の愛』『ブレス』で助監督を務め、デビュー作“Mul-Go-Gi”(原題)がベネチア国際映画祭に正式出品、 初の長編『ビューティフル』がベルリン国際映画祭に招請され世界から注目される新進気鋭のチョン・ジェホン。 キム・ギドクらしい飛躍と奇想に溢れる狂気すれすれの物語が、ギドク監督作とは一線を画すスピーディーなエンタテイメントに昇華され、本国でも驚異のヒットを記録。 早くも超大作の監督に抜擢されたこともニュースとなっている。さらに主演のユン・ゲサンは、セリフの一切ない難役を見事に演じきり、今までのイメージから大きく脱皮。犬のように無言で軍事境界 線を疾走する姿は美しく、哀しく、危険な輝きを放っている。離れ離れになった家族の哀しみを背負い、 境界線を越えていく主人公プンサンケに託されたあまりにも深く痛切な想いに人々は震撼するだろう。

<豊山犬=プンサンケ>

希少保護動物に指定される北朝鮮原産の狩猟用犬種。獰猛で力が強く、一度噛んだ獲物は放さない。故・金正日総書記は、北朝鮮と韓国の友好の証として、つがいの豊山犬と韓国の代表犬種、珍島犬を交換しあった。

<映画祭参加歴、受賞歴>

2011年
釜山国際映画祭 パノラマ部門 正式出品
ローマ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品
ロンドン韓国映画祭 コンテンポラリー部門 正式出品
タリン・ブラック・ナイツ映画祭 パノラマ部門 正式出品
東京フィルメックス コンペティション部門 正式出品
韓国映画評論家協会賞 国際批評家連盟韓国本部賞受賞:チョン・ジェホン
釜日映画賞 新人監督賞ノミネート:チョン・ジェホン 脚本賞ノミネート:キム・ギドク
大鐘賞 主演男優賞ノミネート:ユン・ゲサン
青龍映画賞 主演男優賞ノミネート:ユン・ゲサン

2012年
ベオグラード国際映画祭 世界パノラマ部門 正式出品
フィレンツェ韓国映画祭 コンペティション部門 正式出品
ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭 第7回オービット・コンペティション 正式出品

backtop