STORY


「授業が終わったら、早く家に帰りたい」と考えている引っ込み思案の中学1年生・奥田克久。ある日、不思議なうさぎに誘われ、学校で練習時間が一番長い吹奏楽部に入部することに。迷い悩みながらも、音楽の面白さに夢中になっていく。そして、ついに定期演奏会の日がやってくるー。

中沢けいの『楽隊のうさぎ』が待望の映画化!

中学生という多感な時期の伸び盛りの輝きを描き出し、新潮文庫の100冊に選ばれ、2010年センター試験に取り上げられるなど、幅広い世代に愛されている小説『楽隊のうさぎ』。小説のもつ生き生きとした登場人物たちの魅力をそのままに、音楽と向き合う中学生たちの姿を瑞々しく映しだす、愛おしい映画が誕生しました。

オーディションで選ばれた46人の子どもたち
それぞれの輝きがスクリーンを彩る

本作は吹奏楽が盛んな静岡県浜松市、音楽が生活のすぐ側にある、そんな場所から生まれました。中学生キャストのほとんどが浜松在住の子どもたち。演技経験のある子もない子も、楽器の演奏ができる子もできない子も、みんなが一緒になって、オーディションから約1年をかけて練習に励みました。監督を務めるのは『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』などで独自の世界観を生み出す鈴木卓爾。吹奏楽部の顧問役に宮﨑将、主人公の父親役に井浦新、母親役に鈴木砂羽、そのほか、山田真歩、寺十吾、小梅、徳井優ら、日本映画を代表するキャストが脇を固めます。

すべて子どもたち本人の演奏!!

劇中の吹奏楽の演奏は実際に撮影時に同時収録したそのままの音源。差し替え一切なしのみずみずしいパワー感に満ちたライヴ演奏です。音楽経験も様々な子どもたちが練習を重ねるなかで気持ちを通わせ、クライマックスの演奏シーンでは心を合わせてひとつの音楽を作り上げました。それは今の彼らにしかできない音楽。そのかけがえのない響きは、温かなエールとなって、あなたの心に届くことでしょう。

原作紹介


『楽隊のうさぎ』(中沢けい著・新潮文庫刊)
毎日がブラス!ブラス!!ブラス!!! 吹奏楽少年の成長物語
「君、吹奏楽部に入らないか?」「エ、スイソウガク!?」――学校にいる時間をなるべく短くしたい、引っ込み思案の中学生・克久は、入学後、ブラスバンドに入部する。先輩や友人、教師に囲まれ、全国大会を目指す毎日。少年期の多感な時期に、戸惑いながらも音楽に夢中になる克久。やがて大会の日を迎え……。
忘れていませんか、伸び盛りの輝きを。親と子へエールを送る感動の物語。

中沢けい氏プロフィール

1959(昭和34)年生れ。千葉県館山市に育ち、18歳の高校在学中に書いた『海を感じる時』で群像新人文学賞を受賞、単行本がベストセラーになる。1985年、『水平線上にて』で野間文芸新人賞を受賞。著書に『野ぶどうを摘む』『女ともだち』『豆畑の昼』『さくらささくれ』『楽隊のうさぎ』『うさぎとトランペット』など。また、2013年11月に長編小説『動物園の王子』が新潮社より刊行予定(11月29日発売)。

backtop